住宅診断/ホームインスペクション 原田建設

ブログ

住宅診断(ホームインスペクション)で原田建設にお声掛けください。

人間ドック・健康診断で体の健康状態はどのようなものか調べますよね。
同じように、住宅も健康状態を調べることを住宅診断(ホームインスペクション)と言います。

  •  住宅を購入しようと考えている方。 
  •  住宅を売却しようと考えている方。 
  •  今後住み続ける家が大丈夫なのか。 
  •  住宅の状態が心配で全体的に診断してほしい。  など

いつもの不動産業務の中でも住宅診断をご相談受けることは増えてきました。
皆様の認知が少しずつ広がっていただいていることを実感しております。

弊社、原田建設では住宅診断にもオープンでありたいと考えております。
信頼のおける診断士とともに安心な住宅で住める幸せを手に入れてください。

(左:JSHI公認ホームインスペクター小林豊明氏 右:営業谷輪)

診断費用

基本料金~110㎡以下: 55,000円 (税抜き50,000円)

診断費用は車庫等を除く建物延べ面積により決定します。

(10㎡増えるごとに基本料金にプラス5,500円)

110㎡超~120㎡以下: 60,500円 (税抜き55,000円)
120㎡超~130㎡以下: 66,000円 (税抜き60,000円)
130㎡超~140㎡以下: 71,500円 (税抜き65,000円)

※間取り図が全くない場合は、上記費用にプラス22,000円(図面作成費)となります。

オプション:

屋根裏及び床下は点検口がある場合に限り、点検口より見える範囲のみ目視診断します。
屋根裏・床下内部に進入しての診断はオプションとなります。

屋根裏内部診断追加オプション費用: 16,500円 (税抜き15,000円)
床下内部診断追加オプション費用: 22,000円 (税抜き20,000円)

屋根裏・床下内部診断は各2時間ほどかかる為、基本診断と合わせて2日かかる場合があります。診断当日の診断終了時に結果を口頭で報告しますので、立ち合いをお願い致します。(診断中の立ち合いは必要ありません。)
費用はその報告時点でのお支払いになります。

所要時間

診断時間約4~6時間

住宅診断の流れ

住宅診断サービス内容・診断項目

NPO法人日本ホームインスペクターズ協会の診断項目に準じます。

 

住宅の診断は、多岐にわたります。 原田建設が推奨しているサービスは可能な範囲で行う「一次診断」 です。
これは病院に例えるなら、「健康診断」のレベルといってよいでしょう。
健康診断を受けた人は、診断結果についてまず、医師からの説明を受けるでしょう。
治療を必要とするほどではないものの経過観察が必要、ということもあれば、精密検査が必要だと勧められることもあります。そして、二次診断として精密検査を実施することになった人は、専門的な検査器具を用い、その分野の専門医療を行っている総合病院などで診てもらうことになります。
住宅診断/ホームインスペクションは、この最初の「一次診断」に相当します。

外壁や基礎に不具合の兆候は見られないか、室内に雨漏りの形跡はないかなどを目視で確認し、建物のコンディションを診断依頼者に説明します。また、ホームインスペクションではわからない項目で懸念があるものは、二次診断の可能性を診断依頼者に説明します。

 

住宅診断|注意点

  • 瑕疵保険加入目的の診断ではありません。
  • 電気・ガス・水道が閉栓中の場合は、その動作確認ができませんのでご了承ください。
  • 法律的な観点、および耐震性能は診断対象ではありません。

上記内容が必要な場合はその旨を別途お伝えください。

 

住宅診断士

今回ご一緒させていただきます小林豊明住宅診断士は診断だけでなく、

現場での経験を有し、その上広い知識をお持ちです。

 

各種 機材説明

診断日当日以下のような機材をお持ちして、お家の診断を行います。

 

過去にはこんなケースも・・

室内にカビが発生が止まらない住宅

組み合わせにより問題を見つけ、解決を目指しました。健康診断と同じように住宅診断では知りたくない情報もあるかもしれません。しかし、 放置したままなおるということはありません。  早期に気づき、対応することで費用も抑えられるかもしれません。

1年に1度の健康診断!
5年に1回の住宅診断を目途にご検討ください。

今後も原田スタッフブログで公開してまいります。

住宅を購入する。売却するだけに限らず、

住宅に違和感を感じたら「住宅診断」をご検討ください

 

ピックアップ記事

関連記事一覧