60歳以上限定住宅ローン【リ・バース60】の取り扱いを開始しました。

お役立ち記事

 

60歳以上限定住宅ローン【リ・バース60】の取り扱いを開始しました。

年金で家を買えるの?
リフォームに使いたい。
支払いは通常の支払いの半分以下ってホント??

上記のことが叶う【60歳以上限定】住宅ローンです。
原田建設でも【リ・バース60】の取り扱いを開始しました。

 

 

政策性の高い住宅ローン

固定金利で安心【フラット35】などを提供している公的機関 住宅金融支援機構(JHF)が各金融機関へ住宅融資保険契約(保証)をおこない、各金融機関から利用者へ融資・提供することを支援している商品です。

言い換えれば

高齢者の住環境改善を目的とした政策性の高い住宅ローンと言えます。

【リ・バース60】の特徴がわかる借り入れ申込状況
平成31年1月~3月に付保申請(住宅支援機構に申し込み)のあった案件を整理してみました。

平均年齢 70歳

全体の申込者の内年金受給者 61.6%

ノンリコース型※ 97%

※ご契約者が亡くなった時に物件処分による返済を行った後は、相続人の方に対して残債務を請求しない型。

一般的な住宅ローンとは全然違いますよね。

利用者から見た【リ・バース60】10つの特徴

満60歳以上の方が対象の住宅ローン
毎月の支払は利息のみ(下記で説明)
民間金融機関に月々支払い
元金は、利用者が亡くなった時に住宅の売却等で返済
住まいを整えるものに利用できる
住宅に関連する用途に限られ、生活資金目的には使えない
返済期間が何年ではなく、お亡くなりになった時で、借入時には不確定(下記で説明)
融資額の上限は、担保物件の評価額の50%または60%
金融機関によって名前も金利も違う(別ページで説明)
ノンリコース型もあり ※ご契約者が亡くなった時に物件処分による返済を行った後は、相続人の方に対して残債務を請求しない型。


詳しくは原田建設スタッフにお問い合わせください。

ピックアップ記事

関連記事一覧