【初めてのお家購入】火災保険とは?

お役立ち記事

原田建設です。
今年も自然災害の多い年になってしまいました。
そんな時に欠かせない火災保険。

2021年1月にも再度、火災保険料の値上がりが予定されていることはご存知でしょうか?
値上がり前に火災保険を入り直す方が増えることが予想されます。

この記事では火災保険の基本について
まとめていきます。

火災保険とは

1.火災、落雷、破裂・爆発の補償

2.風災、雹災(ひょうさい)、雪災の補償

3.水災の補償

4.外部からの衝突、水濡れ(みずぬれ)、盗難、等の補償

5.破損・汚損などの補償

+地震保険

この5+1つからなる保険です。

1から5の全てに入る方もいれば、
1.2の基本分だけ入られる方もいらっしゃいます。
もう少し詳しく見ていきましょう。

1.火災、落雷、破裂・爆発の補償

火災:火災・ぼやに対する補償
落雷:雷が落ちて家屋や家電製品が壊れたなどの補償
破裂爆発:ガス漏れに気づかずコンロに点火、爆発などの補償

破裂爆発なんて・・と思っていたらテレビで爆発したお店がありましたね。

2.風災、雹災(ひょうさい)、雪災の補償

風災:暴風で屋根瓦が飛ばされたなどの補償
台風で割れた窓ガラスから水が漏れ、家具がダメになった
雹災:雹で窓ガラスが割れた、屋根が割れたなどの補償
雪災:豪雪や雪崩(なだれ)で家屋が倒壊した

台風一過後、屋根瓦が落ちた。板金が外された。
と毎年お電話いただきます。

3.水災の補償

台風などによる洪水(こうずい)で床上浸水した際の建物や家具の損傷や土砂崩れによる家屋の倒壊など水災による損害を補償

最近、水災が頻繁に起きています。
みなさんはいられる方が増えた補償ではないでしょうか。

4.外部からの衝突、水濡れ(みずぬれ)、盗難、等の補償
5.破損・汚損などの補償
はそのままですね。

万が一のために、入られるか入らないか。
ぜひ担当とご相談ください。

地震保険

火災保険のみでは補償されない地震・噴火またはこれらにより発生した津波による損害を補償。

ほぼ100%入られてますでしょうか。

特に注意しなければならないことは
・地震を原因とする火災・損壊・埋没・流失には地震保険でしか補償されない点です。

火災保険入っているから大丈夫。
地震保険が現在加入状態になっているかご確認してください。

ピックアップ記事

関連記事一覧