吹き付け断熱 を利用する! メリット・デメリット

WORKS-リフォーム

こんにちは。断熱材のお話です。

断熱材は家の性能に直接的に関係する点のため、かなり重要なポイントです。

断熱材の目的

断熱材の目的は
「熱の伝わりを抑える」

熱の伝わり方を十分に抑えることができれば、冬は暖かく。夏は涼しくなります。

・外からの暑さ・寒さを遮る

・室内を一定温度に保つ

 

断熱材の主な3種類

■繊維系断熱材

一般的に断熱材は繊維系断熱材(グラスウール等)という断熱材を使われています。
建売などはこのタイプが多いです。

 

■発泡プラスチック系断熱材

今回の記事の主役「吹き付け断熱材」もこの中に含まれます。

 

■天然素材系断熱材

羊毛などを使うらしいです。正直話で聞いたことがある程度で、関西で利用した家を建てているところを聞いたことがないです。

 

すいません。大切なお家の性能の話なのに、すこしふざけ過ぎました。
ネット上では難しい記事が多いと感じたため、少しわかりやすくできればと、、

吹き付け断熱材を使う! メリット・デメリット

 

 

イラストにおける「クーラーボックス」になります。
シェアをじわりじわりと増やしている点も検討するべき点ではないでしょうか?

 

 

■吹き付け断熱 メリット

住宅の隅から隅まで家全体をすっぽりと覆う”現場吹き付け発泡”による断熱工事
・窓や筋交い周辺等の細かい部分にも隙間なく充填でき、高い気密性を実現できる。
・気密性が高いと、断熱材本来の性能が発揮され、効率的な冷暖房効果

・他の断熱材料にはない“接着力”のおかげで、柱や梁との間に隙間ができにくく湿気も遮断
・壁内結露やカビの発生をおさえ、建物を永く大切に使うことが出来ます。

 

 

■吹き付け断熱 デメリット

・繊維系断熱材よりも高い
・木材がやせたときや地震などで揺れたときに隙間ができると断熱欠損が発生する可能性がある。
・石油系樹脂のアレルギーがある方は注意

石油系樹脂なので燃えやすいとも一部では言われているようです。

 

 

断熱材-まとめ

断熱材をお悩みな方は多いと感じます。
相談する会社に得意や偏見があれば、勧められるままになってしまうかもしれません。

断熱材は毎日の生活(お家の性能)に直接的に関係する重要なポイントです。
ご注意ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧