敷地後退/セットバックしました! 画像付き解説

WORKS-不動産

敷地後退/セットバックしました! 画像付き解説

こんにちは。この記事では敷地後退/セットバックについての記事になります。

セットバックとは

土地利用におけるセットバックとは、街路または道路、川またはその他の水路、岸または氾濫原、もしくはその他の防護が必要と見なされる場所から、建物またはその他の構造物を後退させる距離である。
ウィキペディア引用

 

1 建物が下の階から上の階へいくにしたがって順次後退し、その外観が階段状になっているもの。
2 敷地前面の道路が4メートル未満の二項道路の場合、道路の中心線から2メートルの線まで道路の境界線を後退させること。その部分は道路とみなされる。壁面後退。
小学館/デジタル大辞泉引用

 

➀上階部分を段階的に後退させ、その外観が階段のようになっている建築物。またはその手法。採光や通風を確保するために用いる。
➁敷地や道路の境界線から後退して建物を建てること。建築基準法では、建築物の敷地は原則として幅4m以上の道路に接していなければならないとされるが、実際には幅4m以下の道路が数多く存在する。そこで、新たに建物を建てる場合には、道路の中心線から2mの位置まで敷地を後退させ、将来的に4mの道路幅を確保しようとするもの。◇「壁面後退」「壁面線後退」ともいう。
講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について引用

全部正解ですが、専門用語ですのでわかりにくいですね。

 

セットバックの図解と工事画像公開

図解と実際の画像を見て、ご理解いただきやすいのではないでしょうか?
実際に弊社が行ったセットバックをご紹介させていただきます。

 

所 在:大和郡山市南郡山町

セットバックはしないといけないものです。 昭和25年11月23日に施行された建築基準法に定められています。

 

セットバックは善いものです。その点も併せてご確認下さい。

 

図解見ていただいていかがでしょうか?

「道路中心から2mになるところまで後退する」
という内容になります。


 

 


今回はU字溝(水路部分)の工事も行っています。
本来はそこまでしなくてよいのですが、道路の真ん中に水路が入っているのは危険だと判断し、セットバックした位置にU字溝を新設しました

 

セットバックまとめ

セットバックによって道路が良くなると言うことは、消防車や救急車も通れるようになりました。
もちろんセットバックしているところまでですが💦

またご近所のかたにも喜んでいただけます。
通行中の方にも道良くなったね。とお褒めの言葉をいただきました。

ですので、セットバックは建築基準法上の義務ですので、義務的なことは嫌なことが多いですが、セットバックは善いことなので、毛嫌いせずにいただければと思います。

ピックアップ記事

関連記事一覧