残念なリノベーション工事にしないために、、

WORKS-リフォーム

建築士とつくるリノベーションについて

リノベーションが最近人気です。

ですが従来から言われているリフォームと混同されやすく◇小規模な修復工事をリフォーム◇大規模な改修工事をリノベーションと呼ばれていることが多いです。それはやはり違うのではないか?そと強く感じ機会がありました。

工事価格ではない!?

この点について目のあたりにする機会がありましたので、この記事ではこのリノベーションについて書いていきます。

 

リフォームとリノベーションは似て非なるもの

一般的には
リフォームは劣化し、悪くなったものを直すこと
リノベーションとは既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすること
と言われています。

どちらも改修工事を行います。似ているようですが、違いは確かにあります

 

リフォームとリノベーションについて違いは何か?

リフォームとリノベーションについて違いは何か?
結論から言うと違いは価値を高める工事かどうか!

つまり同じ工事費をかけてもリノベーションは起こりうるということです。
大切なことは工事の内容によるということとなります。
工事内容の差は経験であり、知識であり、センスのようです。

 

「差は経験であり、知識であり、センスである」具体例

田上1級建築士と打ち合わせ後
「今日、有意義だった。」とクライアント様のお言葉いただきました。
詳細は割愛させていただきますが、遅れに遅れて届いた図面はクライアントのために作られたオーダーメイドな、つまり、暮らしに合わせてつくり替えられる部屋になっていました。
開放感のある広い玄関、すでにお持ちの大きなテーブルに合わせるためにキッチン位置を変更などなど、、、、
どこを切ってもクライアント様のための部屋
軽微な変更があり、改善が必要になり変更したところを説明するためにその場でデッサン、、

 

 

有意義な事柄を積み重ねた工事をリノベーションと言いたい

これらすべてが有意義になった理由なのではないでしょうか?
この有意義な事柄を積み重ねた工事をリノベーションと言いたい。と弊社は考えております。

 

 

残念なもの:お金をかけた普通のリフォーム

残念ながら奈良ではない他府県で「リノベーション物件」と言われて売り出されているお家を内覧しました。
いいものを見すぎなのでしょうか?
お金をかけた普通のリフォームに感じてしまいました。

残念ながらリフォームとリノベーションは使い方は自由です。
差は確かにあります。

差は経験であり、知識であり、センスのようです。

 

 

原田建設と建築事務所でつくるリノベーション

弊社ではマンション探しと並行してリノベーションをご紹介しています。リノベーションありきではなく、ご提案の一つです。
本当にお客様に合うものがリノベーションをすることではないかもしれません。

ただリノベーションに人気が出るには理由があります。
もしかしたら想い抱くお家は作り出すものかもしれません。

この記事がご参考になれば幸いです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧