後悔しないバス・トイレ・洗面化粧台選びのコツ

WORKS-リフォーム

後悔しないバス・トイレ・洗面化粧台選びのコツ

原田建設では、皆さんが必ず迷われる「水回り設備」の提案をお客様の生活スタイルに沿った形でご提案させて頂きます。
ここでは、バス・トイレ・洗面化粧台をひとつづつフォーカスして、皆さんの迷われるポイントや選び方などをご紹介させて頂きたいと思っています。

 

 

■バス選びの基本

最新のバスは、どのメーカーにおいても清掃性が高くお手入れがしやすくなっています。
そこでチェックすべきところはサイズ感と収納です

ポイント1

家族の使用シーンから最適なお風呂サイズを選びましょう

お風呂選びで重要なのがサイズです。同じ4人家族でも、体の大きさや、家族みんなではいるのかなどで最適な大きさは変わります。
浴室のサイズは内寸で表し、1616や1625などがあります。1616なら1600㎜×1600㎜。1625なら1600㎜×2500㎜です。使用シーンを考えて
ショールームのスタッフに相談してみましょう。

ポイント2

意外と失敗しやすい収納
先にボトルの数などを考えておく

実はお風呂の収納は、意外と失敗している人が多いのです。シャンプー1つでも、ママ用やパパ用、子供用と複数のボトルを使う
家庭もあります。壁の備え付け収納だけで足りるのか、収納ケースを後付けする場合はどうするのかなど、事前にお風呂で使うボトルや
必要なアイテムを考えてから収納を検討しましょう。

 

 

 

■トイレ選びの基本

最近のトイレは節水性に優れ、デザイン性も高くなっています。
商品ごとの個性を見極めて、自分にマッチするものを選びましょう。

ポイント1

タンクレスか否かを先に決めていきましょう

トイレ選びの肝はタンクの有無です。タンクレスは空間が広く使えて掃除の手間も減りますが、割高になります。タンク付はトイレ自体が少し大きくなります
が、そこで手洗いが出来るメリットがあります。タンクの有無で空間や価格などが変わるので早いうちに決めておきたいですね。

ポイント2

座り心地に「個性」あり
いろいろ座って試してみよう

トイレの座面の大きさや高さなは、どの商品も大差はないですが、実は座り心地はメーカーごとに個性があるのです。
前が窪んでいたり、角度がついているなど微妙に座り心地が違うのでショールームで実際に座ってみてフィットするものを探しましょう。

 

 

■洗面化粧台選びの基本

洗面化粧台は用途や収納物によって、必要な大きさや機能が変わってきます。使用シーンをイメージしながら選びましょう。

ポイント1

洗面室で化粧をはしますか??
まずは何をするかを考えましょう

洗面化粧台を選ぶ際は、そこで何をするかを考えましょう。もり洗面室で化粧をするのなら、見やすい鏡の距離、メイク道具を置くかどうか
、いすを置いて座るのかなどで、設計が変わってきます。顔に影が出にくく化粧がしやすい照明付きの洗面台などもあります。

ポイント2

コンセントの数と位置
家電が入るかの確認をしましょう

洗面化粧台で見落としがちなのがコンセントと家電の収納場所です。
コンセントは必要な数が使いやすい場所にあるか確認をしましょう。ドライヤーなどは置場がなくなるケースが多いので、洗面化粧台
に収納できるのかを事前にチェックしておきましょう。

さあ、皆さんもショールームに実際にバス・トイレ・体験しに行きましょう。
原田建設から、各ショールームの予約も承っておりますので、お気軽にお声がけください。

奈良から体験しに行くことのできるお近くのショールームを下にご紹介させて頂きます。

■LIXIL奈良ショールーム

住所:奈良県大和郡山市横田町701-1
電話: 0743-57-1719

■タカラスタンダード  平城京ショールーム

住所:奈良県奈良市三条大路3丁目444−1
電話:0742-35-0568

■パナソニック リビング ショウルーム 奈良

住所:奈良県奈良市大森町38-1
電話:0742-25-2055

ピックアップ記事

関連記事一覧