家選びで失敗しないためのポイント

お役立ち記事

家選びで失敗しないためのポイント

家選びの失敗一例

 1.部屋選びで失敗(間取り・広さ・収納など) 

①家具を入れたら思ったより部屋が狭かった。
②廊下や間口が狭く圧迫感がある。
③コンセントの有無・数が足りない。

 2.水回り設備失敗(キッチン・風呂・トイレ) 

①風呂場・脱衣所が狭い、寒い。
②洗濯場と干場の場所が離れている。
③洗面所が狭い。(家族人数により)

 3.場所選びで失敗(立地・周辺環境) 

①スーパー・病院などが近くにない。
②近隣道路が狭い。

 4.営業マンで失敗(対応・提案) 

①知識不足。
②提案不足。
③営業マン本意。
④デメリットを把握し、伝えることが出来ない。

気を付けるべき営業マン

「買い手の価値観を理解してくれない、引き出そうとしてくれない」
 →コミュニケーション能力の欠如 

「連絡やアポを急ぐ、売り急ぐ」
 →自社都合、営業マン都合 

「欲しい情報を公開しない、都合の悪いことは隠す」
 →不誠実 

「情報を操作する以前に専門知識や不動産のことを知らない」
 →経験不足 

 

『仲介』の営業マンにとっては、様々な物件を紹介してくれる付き合いになるので、何より、住まいに関する「価値観を理解し、引き出してくれる」人、そして「売り急がない」人も、大事な要素だと思います。

良い営業マンの条件と付き合い方

『販売』する営業マンには、当然、そのお家が自分の価値観に合っているのか、しっかり相談に乗ってくれる人、そして何より大事なのは、その物件、部屋自体が自分の価値観にとって「イエスかノーか」判断できるように、「事実をきちんと教えてくれる人」「悪いことを隠さないで教えてくれる人」だと考えます。曖昧な受け答え、都合がよさそうな答えは注意です。もちろんこちらからも、気になることをしっかり事前に挙げて置き、しっかり質問しましょう。

一生に一度の高額なお買い物。すばらしい営業マンに出会い、後悔しない買い物ができることが何よりです。個人的にはこの課題を事業にしっかり反映させていくことが、顧客満足を上げるうえで、そして生活している人々が幸せになれるために、住宅関連事業において一番大事な事かなと常日頃思っています。

 

良い営業マンと出会う

最重要ポイントは、安心のできる知識を持った営業マンと出会うことが大事です。
高額な買い物となるこのタイミングに不安なことは取り除きたいと思います。
気が利く営業マン、知識が豊富な提案をしてくれる営業マンと出会うことがお客様の今後の家選びが大きく変わってくると思います。そんな営業マンと是非、出会ってください。
当社では、お客様の立場に立ち、本音でお話しさせて頂けるスタッフばかりですのでお気軽にご相談下さい。

ピックアップ記事

関連記事一覧