よく目にする耐震・制振・免震の違いについて

WORKS-不動産

よく目にする耐震・制振・免震の違いについて

免震
建物と基礎の間に免震装置を設置し、建物と地盤との間に空間を作り切り離すことで建物に地震の揺れを直接伝えないようにする構造です。
これにより建物が受ける 地震の揺れを抑制し建造物の破壊を防止 することを意味します。

耐震
地震が起きると建物はその地震の大きさ建物の構造によっては大きな被害を受けることがあります。
その際地震に対する建物の倒壊や損傷を防ぐ措置のことを耐震といいます。
今現在の住宅の大半で採用されている耐震工法は、地震に対しては「建物の倒壊を防ぎ、住民が避難できる」とゆうことを前提に 建物の強度で、揺れに耐える構造 です。

制振
建物内部に制振部材(おもりやダンパー)を組み込むことにより地震の揺れを減衰させたり増幅を防いだりする構造のことを言います。

主には 建物の振動を低減 させることをさします。
高層ビルや高い建物のように上階のほうが揺れが大きくなる建物に非常に有効な技術です。

 

 

よく比較されるのが免震耐震であり、耐震は地震による揺れを受けても倒壊しないという意味であり基本的に構造上頑丈でありかつ偏心が小さいことなどを目的として安全をはかることである。免震は地震による揺れを伝えないことであり。
耐震は地震による揺れを受けても壊れない(耐える)ことを指し。免震は地震による揺れをなるべく受けない(免れる)ことを指します。

 

よく目にはするけどいまいちわかってなかった事などありませんでしたか?
同じ地震に対しての対策でも大きな違いがあるのでしっかり確認してお家を建てる際は選びましょう。

また耐震化工事の補助金(助成金)などもご利用が増えています。
中古物件をご購入の際はリフォーム工事に併せてご検討いただけます。

よく目にする分不動産屋さんに聞きにくいことってありますよね。
あとからもやもやしますよねそういったことも原田建設にご相談いただきました
らしっかりとお答えさせていただきますので是非お気軽にご相談くださいませ。

ピックアップ記事

関連記事一覧