戸建ては危ない?防犯を考える

マンションだとオートロックや警備サービス付など、防犯性の高いマンションが主流になってきています。では、一戸建ての場合はどう対策していけば良いのか考えていきたいと思います。

一戸建ての防犯ってどう考える??

まずは侵入されにくい家づくり。
侵入経路になる開口部の防犯性能を高めます。
玄関を2ロックや鎌錠にする、最近では防犯性の高いICカードキーも普及してきています。
窓まわりはガラスが割れにくい防犯ガラスのものにする、あと2重ロック(下部に市販の補助錠をつける)もすぐに実践できる有効な防犯対策です。
洗面はやトイレによく使用されているジャロジーサッシ、開けっ放しにしていませんか?ここも侵入経路になる事があり得ます。

ジャロジー窓(リクシル商品写真)

後、2階の窓は意外と無施錠の方が多いです。施錠をしっかりとすることはもちろんなのですが、カーポートやエアコンの室外機など2階に侵入しやすくなる足がかりになるものがないか確認してみましょう。

次は外回り

外部にセンサーライトを付ける、防犯カメラを設置する事も有効です。。
敷地の一部に目の粗い砂利を敷くことにより、歩いた際に音が出るのでこれも有効な防犯対策です。
細かい点でいえば南天やバラなどちくちくする植栽を植えるなど、、、

全てに共通して言えることは、「この家はやめておこう・・・」と思わせる事です。
音がでる、明るい、時間がかかるなど、やめておこうと思わせる工夫。
このような工夫をすることによってターゲットから除外されやすくなります。

すぐに取り掛かれる事もたくさんありますね!!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイト活用ガイド
この物件について問い合わせる